BAR TIME

BARで請求されるチャージとは

よくあるチェーンの居酒屋などではなく、ちょっと小洒落たBARなどで飲んだ時、会計の際に「テーブルチャージ」などの項目で料金が加算されていて驚いた方も少なくはないかと思います。
BARの場合は最初に注文した飲み物などと一緒に小皿にナッツなどを入れて出してくれるケースも多く、居酒屋などの「お通し」のようなものだと考えれば分かりやすいかと。
さすがにBARで「お通し」と記載すると雰囲気が変わってしまいますので、名称が少々異なっているのだと考えると納得できるかと思います。
では、そもそも「チャージ」とは何なのか。
元々は英語の「charge」に由来し、しばしばサービスに対する料金や使用料といった意味合いで用いられます。
ですので居酒屋などの「お通し」と同じように、小皿のナッツでサービス料を請求されているのです。
ちょっとした額の料金でも、不明な加算があるともやもやしてしまうかと。
BARでの「チャージ」は居酒屋などの「お通し」と同じ、そう理解しているだけでもすっきりするかと思います。

BARでのテーブルチャージ料について

このキーワードで検索される方は、社会人1年生か20歳になったばかりの若い人たちだと思います。
普通の食べ物屋さん例えば、うどんやお好み焼き、食堂やファーストフード店などでは、チャージ料やサービス料は発生しませんが、ファミリーレストランでも深夜の時間帯などではサービス料が発生します。
BARなどの飲食店、つまり飲み屋さんでは主に飲み物だけを提供を主としているので、1杯だけダラダラと飲んでいるお客ばかりになると、商売が成り立たなくなってしまいます。
そこで、テーブルやカウンターの占有料として一人当たり500円~1000円を飲み物代の他に請求しています。
ただ単に、占有料だけではなく、ナッツ等おつまみを料金に含めて、場所と雰囲気を提供しています。
チャージ料をとらないBARも存在しますが、飲み物代に含まれています。
高級ホテルや都心のBARでは高額なチャージ料があっても、その分サービスが良かったり、高級で珍しい、お酒やおつまみを揃えるなどして、安定した均一のサービスを提供する為、相応の努力をしています。
逆に高すぎて、サービスの悪い店はバーテンダー失格なので、そういう店は自然と淘汰されていきます。

Favorite

刺青除去を静岡で相談

Last update:2017/7/7