BAR TIME

気取らずにBARへ行きましょう

BARとは、お酒を楽しむためのお店です。
食べ物は置いていないかおつまみ程度、ほとんどないと考えてよいのですが、最近では工夫を凝らして様々なお料理を提供するお店もあるようです。
主にカウンター式の店舗が多く、あまり長く居座る場所にはなりません。
加え、二軒目に行く、と言うのが通の飲み方です。
シラフで一軒目に飲みに行くのは素人、とされていますが、最近はそう言った固定観念もなくなってきているようです。
自由な発想で「立ち飲み」と言う感覚をBARと言ったり、ガールズバーというスタイルが出来たり、新しい感覚を大切にしている経済界では、古くからの老舗のBARは、世代を分けて使われるものになったのかも知れません。
名店と呼ばれる老舗には、伝説的なバーテンダーが必ずいます。
彼らは当時の最新カクテル、今や定番のものの考案や、ウイスキーが一番おいしくなる氷の削り方の開発など、日本人らしい繊細な技を作り上げてきた方々でもあります。
ファッショナブルでポップなBARも楽しいのですが、大人のための、大人な老舗にも、一度挑戦してみてはいかがでしょうか。
その際には、少し調べておいて、そのお店の一番の有名なお酒を注文してみましょう。

BAR(バル)が静かなブームです

最近都市を中心に増えてきましたBAR。
昔からあるバーではなくバル(又はバール)です。
英語読みではバーです。
スペイン語でバル、イタリア語でバールと読みます。
日本にはバーという洋酒を専門に飲ませるお店があります。
洋酒やカクテルに詳しいバーテンダーがおり、静かな雰囲気でゆったりとお酒を楽しむことができます。
どこも大体スタンドバーの形をとっています。
ここにスナックというカラオケができるスタンドバー形式の飲み屋さんが出てきました。
このスナック(又はサロン)が全国いたるところに出来てきて、庶民感覚の気楽な飲み屋さんとして人気を博しています。
ところがここにBARという新しい飲み屋さんが現れすごい勢いで東京から全国に普及されつつあります。
少々ブームという感じさえあります。
スペインやイタリアの南ヨーロッパにおいては酒場と居酒屋と軽食喫茶店を一緒にしたような感じのお店がBARです。
日本で言えば、モーニングサービスのある喫茶店と居酒屋、バーが一緒になったようなお店でしょう。
スペインでは地域のコミュニケーションの場として、地元の人達が気楽に集まる場所という意味もあるようです。
これも日本の下町の居酒屋さんと似ています。
このスタイルが日本に入ってきて、いつの間にか広く普及して日本の文化として定着しつつあります。
日本のバルはアンティークな内装で凝ったお店が多く、落ち着いた雰囲気を持っています。
タバスというスペイン風の小皿料理を取り揃え、中には餃子バルとか、チキンバル、魚バルなど小皿料理を看板にしているお店もあります。

check

洗濯機をほぼ毎日買い取っています。

洗濯機 買取

小学生、中学生、高校生留学の他、大学生や社会人、シニア留学まで皆様をサポートいたします

中学生 留学

広島にある年中無休の不用品回収・買取店です

広島 不用品

美しく機能的なオフィスレイアウトを提案します。

オフィスレイアウト

日本全国の海に対応した海洋散骨サービスです

海洋散骨

2017/9/29 更新